よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)入門編:(成績処理)目次|第2回 文字・数値の入力・ファイルの上書き保存
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)入門編:第2回 文字/数値の入力/ファイルの上書き保存


スポンサードリンク

第2回 文字/数値の入力/ファイルの上書き保存

(練習1) 文字を入力する       Topへ

【練習】下図のように文字を入力してみましょう。

【操作手順】

  1. B2セルをクリックします。(セルが黒い枠で囲まれます。アクティブセルと呼びます)
    以下、『セルB2をアクティブにする』と表現することがあります。
  2. 【半角/全角】キーを押して、日本語入力をONにします。(パソコンによっては操作が異なります。)
    (Excelでは【直接入力】が標準の状態です。日本語が入力できる状態にIMEの入力方法を切り替えます。)
  3. 『せいせきしょりひょう』と入力して『成績処理表』に【Space】キーで変換して、【Enter】キーで確定します。
    もう一度【Enter】キーを押して、セルへの入力を確定します。
    アクティブセルはB3に移動します。
  4. もう一度【Enter】キーを押して、セルB4をアクティブにします。
  5. 『出席番号』と【Space】キーで変換して、【Enter】キーで確定します。今度は【Tab】キーを押します。
    アクティブセルはC4へ移動します。
  6. 以下同様に『氏名』、『国語』、『算数』、『理科』、『社会』と【Tab】キーで移動しながら、入力していきます。
    最後の『合計』を確定したら、今度は【Enter】キーを押します。
    アクティブセルはB5セルへ移動します。

(メモ) アクティブセルの移動方法 - 基本は【Enter】と【Tab】キー

(練習2) オートフィルを使って連続した数値を入力する    Topへ

【操作手順】

  1. B5セルをクリックして、アクティブにします。
  2. 【半角/全角】キーを押して、日本語入力をOFF(直接入力)にします。
  3. B5セルに『1001』と入力して、【Enter】キーを押します。
    B6セルがアクティブになります、『1002』と入力し【Enter】キーを押します。
  4. B5セルにマウスポインタを重ねて、「白抜き十時」の形にします。
    そのままB6セルまでドラッグして、B5とB6セルを選択します。
    黒い枠がB5とB6セルを囲んでいます。
  5. B6セルの右下の小さい黒四角(フィルハンドル)にマウスポインタを重ねると、黒十字になります。
    この状態で下方向にドラッグすると、連続した数値が入力されます。

(メモ) Excelではマウスポインタが、場所によっていろんな形状に変化します。マウスポインタの形状に注意しましょう

(練習3) 文字列のオートフィル     Topへ
  1. C5セルをクリックしてアクティブにします。
  2. 『名前1』と入力します。
  3. C5セルのフィルハンドルにマウスポインタを乗せ、黒十時の状態でダブルクリックします。
    名前1〜名前10が入力できました。

(メモ) フィルハンドルのダブルクリック

(練習4) 数値の入力      Topへ

【操作手順】

  1. 入力を効率よくするため、入力するセル範囲を選択します。
    D5セルからG14セルを選択します。
  2. 数値を入力、【Enter】キーで確定を繰り返して入力します。
    D5セルからD14セルまで入力したら、【Enter】キーを押すとE5セルから入力できたのが確認できたでしょうか?
  3. シート内のどこかのセル(例えばD3セル)をクリックして、選択を解除します。

(メモ) 入力範囲を選択してから入力する

(練習5) ファイルの上書き保存      Topへ
  1. ツールバーの【上書き保存】ボタンをクリックします。
  2. Excelのタイトルバーの【×】(閉じる)ボタンをクリックして、Excelを終了します。

(メモ) ファイルの保存

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)入門編:(成績処理)目次|第2回 文字・数値の入力・ファイルの上書き保存

PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27