よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)入門編:(成績処理)目次|第3回 合計・平均の計算方法
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)入門編:第3回 合計/平均の計算方法


スポンサードリンク

第3回 合計/平均の計算方法

(練習1) 合計の計算     Topへ

【操作手順】

  1. 合計を表示するセル範囲H5:H14を選択します。
  2. ツールバーの【オートSUM】ボタンをクリックします。
  3. 合計が計算されました。
    この時、数式バーに『=SUM(D5:G5)』と表示されます。
    他のセルを選択し、数式バーで数式が正しく入力されているか確認してみましょう。

(メモ) 合計の計算 【オートSUM】ボタンを使う

(練習2) 平均の計算     Topへ

【操作手順】

  1. 『平均』の文字を表示するC15セルをクリックして、アクティブにします。
  2. 日本語入力をONにし、『平均』と入力します。
  3. 日本語入力をOFF(直接入力)にします。
  4. 平均値を表示するD15セルをアクティブにします。
  5. 関数の挿入【fx】ボタンをクリックします。
  6. 関数の挿入ダイアログが表示されます。
    1. 『関数の分類』で『すべて表示』を選択します。
      (関数がどこに分類されているか、わからないと仮定しています。)
      (ちなみに、AVERAGEは『統計』に分類されています。)
    2. 『関数名』 で 『AVERAGE』を選択します。
    3. 【OK】ボタンをクリックします。
  7. 【関数の引数】(引数:ひきすう)ダイアログが表示されます。ここで『AVERAGE』 の設定をします。
    『数値1』に『D5:D14』と表示されています。
    平均するセル範囲は『D5:D14』で良いので、【OK】ボタンをクリックします。
  8. D15セルに数式『=AVERAGE(D5:D14)』が入力され、計算結果『58』が表示されます。
    数式は数式バーに表示され、計算結果の値はセルに表示されています。
  9. E15〜H15のセルにも同様の数式を入力します。
    D15セルのフィルハンドルをH15セルまでドラッグして、数式をコピーします。(以降、『オートフィルでコピーする』と表現します。)
  10. 数式がコピーされ、E15〜H15セルに計算結果が表示されました。

(練習3) 小数点以下の表示桁を揃える     Topへ
【操作手順】
  1. 表示を揃えたい、D15セルからH15セルをドラッグして範囲選択します。
  2. ツールバーの【小数点表示桁上げ】ボタンをクリックします。
  3. 選択していたセル範囲D15:H15の値が全て小数点以下一桁で表示されました。
    桁数が多くなったら、右にある【小数点表示桁下げ】ボタンをクリックして、桁数を調整します。

(メモ) 【小数点表示桁上げ】の右隣には【小数点表示桁下げ】ボタンがありますので、必要に応じて使い分けます。


スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)入門編:(成績処理)目次|第3回 合計・平均の計算方法

PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27