よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)入門編:(成績処理)目次|第11回 グラフの作成
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)入門編:第11回 グラフの作成


スポンサードリンク

第11回 グラフの作成

(練習1) グラフウィザードを使ってグラフを作成する

【操作手順】

  1. グラフにするデータ範囲 A6:E8セルを選択します。(タイトルを含めて選択します)
  2. ツールバーの【グラフウィザード】ボタンをクリックします。
  3. 【グラフウィザード 1/4 グラフの種類】で『レーダー』を選択します。
    形式では「マーカー付レーダー」を選択します。
    【次へ】ボタンをクリックします。
  4. 【グラフウィザード 2/4 グラフの元データ】は変更の必要がないので【次へ】ボタンをクリックします。
  5. 【グラフウィザード 3/4 グラフ オプション】の【タイトルトラベル】タブを選択します。
    『グラフタイトル』に入力します。
    入力した値は右の『プレビュー』に表示されます。
  6. 【グラフウィザード 4/4 グラフの作成場所】で『オブジェクト』を選択します。
    【完了】ボタンをクリックすると、『個人票』シートにグラフが作成されます。
  7. グラフの表示例です。
    出席番号の選択を変更すると、表とグラフが変化します。
(練習2) グラフの修正

[A] 『数値軸ラベル』を縦書きにします。

  1. 数値軸ラベル『点数』をクリックして選択します。
  2. グラフツールバーが表示されますので、【軸ラベルの書式設定】ボタンをクリックします。
  3. 【配置】タブを選択し、『方向』の「縦書きの文字列」を選択します。
  4. 【OK】ボタンをクリックします。

[B] 数値軸の目盛りの設定を変更します。

  1. 数値軸をクリックして選択します。(軸の上下にが表示されて選択した状態になります)
  2. 【数値軸の書式設定】ボタンをクリックします。
  3. 【目盛】タブを選択し、
  4. 【表示形式】タブを選択します。
  5. 【OK】ボタンをクリックします。

[C] 第2軸を使用する

  1. 得点の棒をクリックして選択します。棒にが表示され、選択していることがわかります。
  2. グラフツールバーの【書式設定】ボタンをクリックします。
  3. 【軸】タブを選択し、『第2軸』にチェックを入れます。
  4. 平均点の棒より幅を狭くして、得点と平均点が両方見えるようにしてみます。
  5. 第2軸を選択し、主軸と同じように、【目盛】の最小値を『0』、最大値を『100』にします。
  6. 【パターン】タブを選択し、『目盛ラベル』の『なし』にチェックを入れます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  7. 現在グラフの状態です。
    平均点より上か下かが分かり易くなりました。

[D] 背景を変更する

  1. 変更したいエリアをクリックして選択します。
  2. 【塗りつぶし効果】ボタンをクリックして、設定を行います。

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)入門編:(成績処理)目次|第11回 グラフの作成

PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27