よねさんのWordとExcelの小部屋

罫線の設定方法:Excel基本講座

スポンサードリンク

罫線の設定 罫線を削除する
セルの書式設定ダイアログで罫線を設定する

罫線の設定   Topへ

リボンから罫線を設定する

  1. 最初に、一番内側の罫線を設定します。
    セル範囲B2:G7を選択します。
  2. [ホーム]タブのフォント グループにある[罫線]ボタンから設定する罫線を選択します。
    ここでは、[格子]を選択しました。
  3. 選択していたセル範囲に罫線が引かれました。
  4. 次に、一番外側の府と罫線を引きます。
    セル範囲B2:G7を選択して、[罫線]→[太い外枠]を選択します。
  5. 選択していた範囲に太い外枠が引かれました。
  6. B2:G2を選択して、[Ctrl]キーを押した状態で B7:G7 を選択します。(B2:G2 と B7:G7を選択します。)
    [罫線]→[下二重罫線]を選択します。
  7. 2ヶ所に下二重罫線を引くことができました。

罫線を削除する   Topへ

  1. 罫線を削除するセル範囲を選択します。
  2. [罫線]→[枠なし]を選択します。
  3. 選択していたセル範囲内の罫線がすべて削除されました。

セルの書式設定ダイアログで罫線を設定する   Topへ

  1. 下図のような罫線を設定してみます。
  2. セル範囲B2:G7を選択します。
  3. [Ctrl]+[1]でセルの書式設定ダイアログボックスを開きます。
    または、[罫線]→[その他の罫線]を選択します。
  4. セルの書式設定 ダイアログボックスが開きます。
    線のスタイルでやや太い線を選択して、[外枠]ボタンをクリックします。
    プレビュー部分にやや太線が引かれました。
  5. さらに、線のスタイルで細線を選択します。プリセットで[内側]を選択します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  6. 外枠と内側の線が設定できました。
  7. B2:G2を選択して、[Ctrl]キーを押した状態で B7:G7 を選択します。(B2:G2 と B7:G7を選択します。)
  8. [Ctrl]+[1]でセルの書式設定ダイアログボックスを開きます。
    線のスタイルで二重線を選択して、[下罫線]ボタンをクリックします。
    [OK]ボタンをクリックします。
  9. 2ヶ所に下二重罫線を引くことができました。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|罫線の設定方法

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27