よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|統合の使い方
よねさんのWordとExcelの小部屋

統合の使い方:Excel基本講座

スポンサードリンク

単一リストを統合する 特定項目の合計を求める シート間のデータの統合
統合元データとリンクする データの統合の応用

単一リストを統合する

商品ごとの合計を求める

  1. 集計した表を表示するセル(ここではB10セルとします)を選択します。
  2. [データ]タブのデータ ツールグループの[統合]を実行します。
  3. 統合の設定 ダイアログボックスが表示されます。
    集計の方法を選択します。例では「合計」を選択しています。
    統合元範囲で「B2:C7」とし、[追加]ボタンをクリックして、統合元へ登録します。
    統合の基準で「上端行」「左端列」にチェックを入れます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  4. B10セル以降に下図のような集計結果が表示されます。

特定項目の合計を求める

シート間のデータの統合(ちょっと複雑な例です)

【操作手順】
  1. 統合先はSheet3とします。
    Sheet3のB2セルを選択します。
  2. [データ]タブのデータ ツールグループの[統合]を実行します。
  3. 集計の方法は「合計」を選択しました。
    統合元範囲にカーソルを表示して、Sheet1のB3:E8セルを選択します。
    [追加]ボタンをクリックして「統合元」に追加します。

  4. 同様に、 統合元範囲にカーソルを表示して、Sheet2の日置支店の売上高データ B5:E11セルを選択します。
    [追加]ボタンをクリックして「統合元」に追加します。
  5. 統合の基準は「上端行」と「左端列」にチェックを入れます。
    月数と商品名を基準に合計するためです。
    (下図のように統合先のシートSheet3に戻っています)
    [OK]ボタンをクリックします。
  6. データが統合されました。

特定の項目だけ統合したい場合

統合の基準

統合元データとリンクする

  1. 【統合元データとリンクする】にチェックをつけます。
    統合元のデータが変更されると、統合先のデータも変更されます。
  2. 「統合元データとリンクする」にチェックをつけます。統合を実行すると、アウトラインが設定されています。
  3. アウトラインを一部展開すると、2つの売上データをセル参照しているのがわかります。
    統合はSUM関数を使っているようです。
  4. 元データが修正されたら、即時に反映されます。


ブック間のデータの統合

データの統合の応用            Topへ

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|統合の使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27