よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|郵便番号変換ウィザードと住所の入力
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)基本講座:郵便番号変換ウィザードと住所の入力

スポンサードリンク


郵便番号変換ウィザード IMEで郵便番号から住所に変換
都道府県名を削除するには?

郵便番号変換ウィザードを利用する   Topへ

郵便番号から住所へ変換する

  1. B2:B7に郵便番号を入力してあります。
    郵便番号変換ウィザード:郵便番号のデータ
  2. メニューバーの【ツール】→【ウィザード】→【郵便番号変換】を選択します。
  3. 【郵便番号変換ウィザード ステップ 1/3】
    郵便番号変換ウィザード:1/3
  4. 【郵便番号変換ウィザード ステップ 2/3】
    郵便番号変換ウィザード:2/3
  5. 【郵便番号変換ウィザード ステップ 3/3】 郵便番号変換ウィザード:3/3
  6. C列に住所が変換され、出力されます。
    郵便番号変換ウィザード:住所への変換例

住所から郵便番号へ変換する

IMEで郵便番号から住所を入力する   Topへ

都道府県名を削除するには?   Topへ

  1. 都:東京都  道:北海道 府:大阪府、京都府 県:4文字(鹿児島県、和歌山県、神奈川県)と3文字の2パターン
    これらのことから4文字目に"県”が含まれるものと3文字で表示されるものの2パターンがあることになりますので
    次式で都道府県名以外の文字列を取り出せます。
    =IF(MID(B3,4,1)="県",MID(B3,5,LEN(B3)-4),MID(B3,4,LEN(B3)-3))
  2. C3に数式を入力し、C6セルまでフィルハンドルをドラッグ(またはダブルクリック)してコピーします。
    都道府県名の削除例
  3. B列を削除するとC列がエラーになってしまいますので、値の貼り付けで数式を文字データに置き換えます。
    1. C列を選択し、【コピー】ボタンをクリックします。
    2. メニューバーの【編集】→【形式を選択して貼り付ける】を選択し、【値】にチェックを入れます。
      すると、C列の数式が値に変更されます
    3. ここでB列を削除します。
    4. C列を値に変更した様子です。数式バーを見ると文字列になっているのが分かります。
      形式を選択して貼り付け:値の貼付け

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|郵便番号変換ウィザードと住所の入力

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27