よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|ActiveXコントロールの例(ワークシートに配置する)
よねさんのWordとExcelの小部屋

エクセル2007:基本講座:ActiveXコントロールの例(ワークシートに配置する)

スポンサードリンク

ワークシートへ配置する例   Topへ

完成例   Topへ

オプションボタンの作成   Topへ

  1. [開発]タブの[コントロール]グループにある[挿入]からActiveXコントロールを選択し、ワークシート上に配置します。
    ActiveX オプションボタンの挿入
    • 配置して設定をした後の状態です。
      ActiveX オプションボタンの配置例
  2. OptionButton1と2のプロパティをVBEのプロパティで設定します。
    • BackColorの設定例です。
      ActiveX オプションボタンのBackColor
    • Captionに「男性」,GroupNameに「Group1」,LinkedCellに「B3」と設定しました。
      ActiveX オプションボタンのグループ分け
      • GroupNameは同一のグループとするOptionButton1をクリックして選択後、[Shift]キーを押しながらOptionButton2を選択することで同時に選択できます。
        VBEのVBEのプロパティでGroupNameを設定するとまとめて設定できます。
    • OptionButton2も同様にCaptionに「女性」,GroupNameに「Group1」,LinkedCellに「B4」と設定します。
  3. オプションボタン1〜2の状態をA3セルに表示するため、A3セルに=IF(B3=TRUE,"男性",IF(B4=TRUE,"女性","")) と数式を入力します。

    • ActiveX オプションボタンの値を表示
  4. OptionButton3〜5も同様に配置して設定をします。
    • OptionButton3は同様にCaptionに「10〜29歳」,GroupNameに「Group2」,LinkedCellに「B5」と設定します。
      ActiveX オプションボタンのLinkCellの設定例
    • OptionButton4は同様にCaptionに「30〜49歳」,GroupNameに「Group2」,LinkedCellに「B6」と設定します。
    • OptionButton5は同様にCaptionに「50歳以上」,GroupNameに「Group2」,LinkedCellに「B7」と設定します。
    • オプションボタン3〜5の状態をA6セルに表示するため、A6セルに=IF(B5=TRUE,"10〜29歳",IF(B6=TRUE,"30〜49歳",IF(B7=TRUE,"50歳以上",""))) と数式を入力します。
      • ActiveX オプションボタンの値の表示例

チェックボックスの作成   Topへ

スピンボタンの作成   Topへ

コンボボックスの作成   Topへ

リストボックスの作成   Topへ

コマンドボタンの作成   Topへ

シートの書式を整える   Topへ

データの転記先   Topへ

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|ActiveXコントロールの例(ワークシートに配置する)

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27