よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:関数の入力
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel2007(エクセル2007)基本講座:関数の入力

スポンサードリンク

オートSUMボタン 関数の挿入ボタン
数式オートコンプリートを利用した関数の入力拡張機能

オートSUMボタン    Topへ

[オートSUM]ボタンを使った自動合計の使用方法

[オートSUM]ボタンをから平均や最大最小値の関数を使う

【関数の挿入】ボタンを使った関数の入力方法    Topへ

  1. 入力するセル(E7セル)を選択します。
  2. [数式]タブの[関数ライブラリ]グループで[関数の挿入]を実行します。
  3. [関数の挿入]ダイアログが開きます。
    • [関数の分類]を[すべて表示]にすると、関数がアルファベット順に表示されます。
    • 使用する関数をクリックします。
  4. 平均の関数[AVERAGE]を選択すると、数値1に「E2:E6]と範囲が表示されます。
    ところが、今回の場合の範囲は「E2:E5」でないといけません。
    正しいセル範囲 E2:E5セルをドラッグして選択すると、引数の入力欄に選択範囲が表示されます。
    • 【関数の引数】ダイアログが邪魔になる時は、入力欄の右端のボタンをクリックして、最小化します。
      または、タイトルバーをドラッグして邪魔にならないところに移動します。
    • 関数の引数を折りたたんだ状態でセル範囲を選択します。
    • 【Enter】キーを押すか、入力欄の右端のボタンをクリックして、【関数の引数】ダイアログを元のサイズに戻します。
  5. 【関数の引数】ダイアログの【OK】ボタンをクリックします。【Enter】キーを押しても同じです。
  6. セルに計算結果が、数式バーに計算式が表示されました。

選択したセルに同時に数式を入力する方法

  1. 同じ数式を同時に入力するには[Ctrl]+[Enter]で入力することができます。
    1. 入力するセルG2:G5を選択します。
    2. アクティブセル(G2セル)に数式=SUM(E2:E2)を入力し、[Ctrl]+[Enter]で確定します。
    3. 選択していたセル範囲に数式が入力できました。
  2. ダイアログの場合
    1. 入力するセルF2:F5を選択します。
    2. 関数の引数を設定し、[Ctrl]キーを押しながら[OK]ボタンをクリックします。
    3. 選択していたセルに数式が入力できました。

名前ボックスを利用した関数の入力    Topへ

数式オートコンプリートを利用した関数の入力拡張機能    Topへ

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:関数の入力

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27