よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:条件付き書式(数式を利用する)
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel2007(エクセル2007)基本講座:条件付き書式(数式を利用する)

スポンサードリンク

条件付き書式を設定する 条件付き書式をクリアする
新しいルールから設定する ルールの管理から設定する

条件付き書式で数式を利用する方法   Topへ

新しいルールから設定する新機能

  1. 条件付き書式を設定するセル範囲を選択します。
    • 後でもセル範囲は設定できますが、先にセル範囲を指定する方法で説明します。
  2. [ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]→[新しいルール]を選択します。
  3. 「書式ルールの編集」ダイアログで
    • 「数式を使用して、書式を設定するセルを決定」を選択します。
    • 数式「=WEEKDAY($A2)=7」を入力します。
      • 選択範囲のアクティブセル(A2セル)を基準にした数式を入力します。
        WEEKDAY関数は日付が土曜日の時は「7」を返します。
      • また、選択しているセル範囲がA2:B13の2列です。
        条件を満たすか否かを判定するセルは常にA列のセルですので、数式では$A2と複合参照にします。
        • つまり、アクティブセルA2セルに対して入力した条件が=WEEKDAY(A2)=7であると、B2セルの条件は=WEEKDAY(B2)=7となってしまうので、=WEEKDAY($A2)=7と複合参照にします。
    • 「書式」ボタンから設定する書式を決定します。
    • 下図は土曜日の条件式を入力した例です。
  4. 同様に、[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]→[新しいルール]を選択します。
    「書式ルールの編集」ダイアログで
    • 「数式を使用して、書式を設定するセルを決定」を選択します。
    • 数式「=WEEKDAY($A2)=1」を入力します。
      • 選択範囲のアクティブセル(A2セル)を基準にした数式を入力します。
        WEEKDAY関数は日付が日曜日の時は「1」を返します。
      • また、選択しているセル範囲がA2:B13の2列です。
        条件を満たすか否かを判定するセルは常にA列のセルですので、数式では$A2と複合参照にします。
    • 「書式」ボタンから設定する書式を決定します。
    • 下図は日曜日の条件式を入力した例です。
  5. シートは下図のようになりました。

ルールの管理から設定する方法新機能

  1. 条件付き書式を設定するセルを選択します。
    • この例では、A2:B13セルを選択しています。細かく書けばA2セルからB13セルをドラッグして選択しています。
      この選択範囲の開始セルA2セルがアクティブセルとなっています。
  2. [ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]→[ルールの管理]を選択します。
  3. 「書式ルールの表示」で「現在の選択範囲」を選択します。
    [新規ルール]ボタンをクリックします。
  4. 「書式ルールの編集」ダイアログで
    • 「数式を使用して、書式を設定するセルを決定」を選択します。
    • 数式「=WEEKDAY($A2)=7」を入力します。
      • 選択範囲のアクティブセル(A2セル)を基準にした数式を入力します。
        WEEKDAY関数は日付が土曜日の時は「7」を返します。
    • 「書式」ボタンから設定する書式を決定します。
    • 下図は土曜日の条件式を入力した例です。
  5. 設定した条件が登録されたのが分かります。
    日曜日の条件を追加するために[新規ルール]をクリックします。
  6. 「書式ルールの編集」ダイアログで
    • 「数式を使用して、書式を設定するセルを決定」を選択します。
    • 数式「=WEEKDAY($A2)=1」を入力します。
      • 選択範囲のアクティブセル(A2セル)を基準にした数式を入力します。
        WEEKDAY関数は日付が日曜日の時は「1」を返します。
    • 「書式」ボタンから設定する書式を決定します。
    • 下図は日曜日の条件式を入力した例です。
  7. 2つの条件が設定されたことが確認できます。
  8. シートは下図のようになりました。

条件付き書式をクリアする方法   Topへ

  1. 条件付き書式を設定してあるセルを選択します。例ではA3セルを選択しています。
  2. [ホーム]タブの[編集]グループにある[検索と選択]→[条件付き書式]を実行します。
  3. 条件付き書式が設定してあるセルが選択されます。
  4. [ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]→[ルールのくリア]→[選択したセルからルールをクリア]を実行します。
  5. 条件付き書式がクリアされました。

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:条件付き書式(数式を利用する)

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27