よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:ピボットテーブルの使い方
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel2007(エクセル2007)基本講座:ピボットテーブルの使い方

スポンサードリンク

データ表を作成する ピボットテーブルの作成 ピボットテーブルの修正
再計算の方法 データ範囲の変更方法 フィールドをドラッグ操作する

完成例

支出のピボットテーブル 収入のピボットテーブル

データ表を作成する   Topへ

ピボットテーブルの作成    Topへ

  1. データリスト内のセルを選択した状態にします。(Excelにデータ範囲を自動で認識させるため)
  2. [挿入]タブの[ピボットテーブルの挿入]を実行します。
  3. [ピボットテーブルの作成]ダイアログでデータ範囲およびテーブルの配置する場所を設定します。
  4. シート上に作成のヒントが表示され、フィールドリストが作業ウィンドウに表示されます。
    • 作業ウィンドウでは大きいのでシート上へ引っ張り出した状態で説明します。
      (タイトルバーをドラッグしてシート上へ引っ張り出しています。元に戻すにはシートの右端へドラッグします。)

ピボットテーブルの操作    Topへ

ピボットテーブルの修正    Topへ

(修正操作1)データの種類を変更する(個数→合計)

  1. ピボットテーブルの項目【データの個数/支出】を選択します。
  2. [ピボットテーブル ツール]リボンの[オプション]タブで[アクティブなフィールド]グループにある「フィールドの設定」を実行します。
  3. [値フィールドの設定]ダイアログで「合計」を選択して[OK]で実行します。
    • 右クリックでは[データの集計方法]→[合計]を実行します。
  4. これで、項目名と月別の集計表ができました。

(修正操作2)不要な項目を削除する

  1. 項目名の「▼」ボタンをクリックします。
    • 支出とは関係ない項目のチェックを外します。
  2. これで、完成です。

収入のピボットテーブル

データを変更したら? (再計算の方法)    Topへ

データを追加/削除したら?(データの範囲を変更する方法)  Topへ

フィールドをドラッグ操作で移動したい  Topへ

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:ピボットテーブルの使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27