よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:郵便番号変換ウィザードの使い方
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel2007(エクセル2007)基本講座:郵便番号変換ウィザードの使い方

スポンサードリンク

インストール手順と設定方法    Topへ

  1. 郵便番号変換ウィザードを使うには、アドインと郵便番号辞書が必要です。Microsoft社のサイトからダウンロードして、お使いのPCにインストールします。
    なお、このOffice用の郵便番号辞書はMS-IMEのものとは異なります。日本語変換で郵便番号変換ができるのは、MS-IMEの郵便番号辞書が使われているのです。
    Office用の郵便番号辞書がないと「郵便番号変換エンジンがありません」とメッセージが表示され郵便番号変換ウィザードが起動できません。
  2. サイトの説明手順に従って、両者のインストールが完了したらExcel2007の設定を行います。
  3. Excel2007を起動し、[Officeボタン]→[Excelにオプション]を実行します。
  4. [アドイン]を選択し、「アクティブでないアプリケーション アドイン」にある「郵便番号変換ウィザード」を選択します。
    下の「管理」の[設定]ボタンをクリックします。
  5. アドイン ダイアログで「郵便番号変換ウィザード」にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。
  6. リボンの「アドイン」タブを選択し、[ウィザード]→[郵便番号変換]が選択できるようになります。
  7. [ウィザード]→[郵便番号変換]を実行すると、Excel2003以前と同様のウィザードが開始されます。

郵便番号変換ウィザードの使い方    Topへ

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:郵便番号変換ウィザードの使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27