よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)入門編:目次|お知らせ(案内書)の作成
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word(ワード)入門編:お知らせ(案内書)の作成

スポンサードリンク


ページ設定 名前を付けて保存 文字入力 フォント・フォントサイズ・色
太字・斜体 下線 傍点
中央・右揃え 箇条書き ルビ 印刷

完成状態

ページ設定   topへ

名前を付けて保存   topへ

文字の入力   topへ

上書き保存   topへ

フォント・フォントサイズ・フォントの色を変更する   topへ

  1. 変更する文字列を選択します。
    1. 文字列をマウスポインタ「I」でドラッグして選択する。
    2. 選択する行の余白部分をマウスポインタがの形状でクリックすると1行が選択できます。
  2. フォントボックスの「▼」ボタンをクリックし、「HGP創英角ポップ体」を選択します。
  3. フォントサイズボックスの「▼」ボタンをクリックし、「22」(単位はpt:ポイント)を選択します。
  4. フォントの色ボタンの「▼」ボタンをクリックし、「ベージュ」を選択します。
  5. フォント・フォントサイズ・フォントの色を変更しました。

フォントスタイル(太字・斜体)を変更する   topへ

  1. 19行目の「〜見学は自由にできます。お気軽にどうぞ〜」を選択します。
  2. 書式設定ツールバーの「太字」ボタンをクリックします。
  3. 引き続き、書式設定ツールバーの「斜体」ボタンをクリックします。

その他の書式   topへ

下線   topへ

  1. 19行目の「見学は自由」を選択します。
  2. 書式設定ツールバーの「下線」ボタンの「▼」をクリックし、「波線の下線」を選択します。
  3. 書式設定ツールバーの「下線」ボタンの「▼」をクリックし、「下線の色」→「赤」を選択します。
  4. 赤色の波線が設定できました。

傍点   topへ

  1. 11行目の「どなたでも」を選択します。
  2. メニューバーの[書式]→[フォント]を選択します。
    傍点の「・」を選択します。
  3. 「傍点」が設定できました。

段落書式を設定する   topへ

中央揃え   topへ

  1. 2行目の文字列内をクリックしてカーソルを表示します。
  2. 書式設定ツールバーの「中央揃え」ボタンをクリックします。

右揃え   topへ

  1. 21行目〜24行目を選択します。
  2. 書式設定ツールバーの「右揃え」ボタンをクリックします。
  3. 右揃えが設定できました。

箇条書きの設定   topへ

  1. 15行目〜17行目を選択します。
  2. メニューバーの[書式]→[箇条書きと段落番号]を選択します。
  3. [箇条書き]タブで表示された中から選択します。
    [変更]ボタンから他のスタイルが選択できます。
  4. 書式設定ツールバーの[インデント]ボタンを3回クリックして、ルーラーの6の付近までインデントを設定しました。
  5. 行間を「1.5」に設定しました。

その他の書式を設定する   topへ

ルビ

  1. 23行目の「岡崎」を選択します。
  2. メニューバーの[書式]→[拡張書式]→[ルビ]を選択します。
  3. ルビの設定をします。
  4. ルビが設定されました。

印刷   topへ

印刷プレビュー   topへ

  1. 標準ツールバーの[印刷プレビュー]ボタンをクリックします。
  2. マウスポインタが虫眼鏡になり拡大縮小ができます。またズームボックスで倍率を指定できます。
    編集画面に戻るには[閉じる]ボタンをクリックします。

印刷   topへ

  1. メニューバーの[ファイル]→[印刷]を選択します。
  2. 印刷する「プリンタ名」や「印刷範囲」などを設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    なお、フォト用紙などを指定する場合は[プロパティ]ボタンから呼び出すダイアログで設定します。

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)入門編:目次|お知らせ(案内書)の作成

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27