よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)講座 応用編:目次|ラベル印刷
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word(ワード)講座 応用編:ラベル印刷

スポンサードリンク


Excelでデータ作成 ラベル用紙の選択 データ ファイルの指定
ラベル(データ)の配置 ラベルの印刷
書式の変更(差し込み印刷ツールバーを利用する)

完成例

Excelで住所録を作成する   Topへ

ラベル用紙の選択   Topへ

  1. Wordを起動します。
  2. [ツール]→[はがきと差し込み印刷]→[差し込み印刷ウィザード]を選択します。
  3. 「差し込み印刷」の作業ウィンドウが表示されるので、「文書の種類を選択」で『ラベル』にチェックを入れ、[次へ:雛形の選択]をクリックします。
  4. ひな形の選択で『文書レイアウトの変更』にチェックを入れ、『ラベル オプション』を選択します。
  5. 市販の製品であらかじめWordに登録されている場合

  6. Wordに製品が登録されていない場合、自分でオリジナルのサイズを設定したい場合

  7. Wordの文書に設定したラベルの書式が表示されます。

Excelで作成した住所録ファイルを指定する   Topへ

  1. 「差し込み印刷」作業ウィンドウは手順2/6のままですので、下の[次へ:宛先の選択]を選択します。
  2. 「既存のリストを使用」にチェックが入っているのを確認し、[参照]をクリックして、Excelで作成した住所録ファイルを開きます。
  3. 「データファイル形式の確認」で「OLE DB データベース ファイル」を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
  4. 「表の選択」で住所録を作成してあるシートを選択します。(例では:Sheet1)
    「先頭行をタイトル行として使用する」にチェックが入っているのを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 住所録のデータが表示され、データの抽出や並べ替えることができます。
    今回はそのまま[OK]ボタンをクリックします。
  6. 文書に「<<Next Record>>」と表示されます。

ラベル(データ)の配置   Topへ

  1. 「差し込み印刷」作業ウィンドウは手順3/6のままですので、下の[次へ:ラベルの配置]を選択します。
  2. 「ラベルの配置」で[差し込みフィールドの挿入]をクリックします。
  3. ラベルへ挿入するフィールドを選択して[挿入]ボタンをクリックします。
    例では、郵便番号、住所、名前を順番に選択して挿入します。
  4. 文書には<<郵便番号>>・・・と入力されます。
  5. 各フィールドの配置と文字を入力して配置を整えます。
  6. [すべてのラベルの更新]ボタンをクリックして、他のラベルにも同じ書式を設定します。
  7. 他のラベルも同じ書式になります。
  8. [次へ:ラベルのプレビュー表示]をクリックします。
  9. Excelの住所録ファイルのデータが差し込まれたのが確認できます。

ラベルの印刷   Topへ

  1. [次へ:差し込み印刷の完了]をクリックします。
  2. 「印刷」をクリックすると、「プリンタに差し込み」ダイアログが表示されます。
    印刷範囲を設定し、[OK]ボタンをクリックすると、印刷のダイアログへ進みます。

差し込み印刷ツールバーから印刷する

書式の変更(差し込み印刷ツールバーを利用する)   Topへ

  1. 変更したいフィールド及び文字列を選択します。
  2. フォントとフォントサイズを書式設定ツールバーで変更します。
  3. [表示]→[ツールバー]→[差し込み印刷]を選択して、差し込み印刷ツールバーを表示します。
    (作業ウィンドウを表示してそこで操作をしてもいいのですが、ウィザードを行ったり来たりするのがちょっと面倒です。)
  4. [複数ラベルに反映]ボタンをクリックします。
    全てのラベルへ変更した書式が反映されます。
  5. 表示がフィールド名になったら、[差し込んだデータの表示]ボタンをクリックすると、データが表示されます。
  6. 表示するレコード(データ)は下図のボタンで変更できます。

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)講座 応用編:目次|ラベル印刷

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27