よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)講座 応用編|目次の作成方法
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word(ワード)講座 応用編:目次の作成方法

スポンサードリンク


スタイルの設定 アウトラインの設定 組み込みスタイルを使用しない方法
目次の挿入 目次の更新
フィールドコードの編集

目次の作成例


スタイルの設定    topへ

  1. 例文を入力します。
  2. 各段落にカーソルを表示し、スタイルボックスから「見出し1」〜「見出し3」を選択して設定します。
  3. 見出し1〜見出し3が設定された状態です。

アウトラインの設定    topへ

  1. 見出し1〜見出し3にアウトラインを設定します。
  2. 1行目にカーソルを表示し、【書式】→【箇条書きと段落番号】の「アウトライン」タブを選択します。
    スタイルを選択し、【OK】ボタンをクリックします。
  3. アウトラインが設定されました。

目次の挿入    topへ

  1. 目次を挿入したいページにカーソルを表示します。
  2. 【挿入】→【参照】→【索引と目次】の「目次」タブを選択します。
    【OK】ボタンをクリックします。
  3. 目次が挿入されました。


(おまけ)表題の設定    topへ


目次の更新    topへ

  1. 目次部分にカーソルを表示し、【挿入】→【参照】→【索引と目次】で【OK】ボタンをクリックします。
  2. 「既存の目次を置き換えますか?」のメッセージで【はい】をクリックします。
  3. 目次が更新されました。

アウトライン表示での変更方法    topへ


フィールドコードの編集(例:見出し1のページ番号を表示しない)    topへ

  1. 目次を全て選択し右クリックで、「フィールド コードの表示/非表示」を選択します。
    (ショートカットキーは【Alt】+【F9】)
  2. 表示されたフィールドコードを選択して、右クリックで「フィールドの編集」を選択します。
  3. 表示された「フィールド」ダイアログの【フィールド コード】ボタンをクリックします。
  4. 【オプション】ボタンをクリックして、フィールド オプションを表示します。
  5. フィールド コードが変更されます。
  6. フィールド コードを選択して、右クリックで「フィールド コードの表示/非表示」を選択します。
    「見出し1」のページ番号が表示されなくなりました。

フィールドの解除    topへ


組み込みスタイルを使用しない方法    topへ


アウトライン表示モードにする    topへ


レベルの設定    topへ


印刷レイアウト モードでのレベル設定    topへ


目次の自動作成    topへ

  1. 目次を挿入したいページにカーソルを表示します。
  2. 【挿入】→【参照】→【索引と目次】の「目次」タブを選択します。
    【OK】ボタンをクリックします。
  3. 完成例

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)講座:応用編の目次|目次の作成方法

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27