よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)講座 応用編:目次|組織図を使った連絡網の作成
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word(ワード)講座 応用編:組織図を使った連絡網の作成

スポンサードリンク


組織図の挿入 不要な図形を削除する 部下・同レベルの挿入
図形の大きさを変更する 組織図のスタイルを変更する 組織図を横向きにする

完成例

組織図を挿入する   Topへ

  1. メニューバーの[挿入]→[図]→[組織図]を選択します。
  2. メニューバーの[挿入]→[図表]を選択し、表示される「図表ギャラリー」で「組織図」を選択します。
  3. 図形描画ツールバーの[図表または組織図を挿入します]をクリックします。

不要な図形を削除する   Topへ

  1. 不要な図形を選択します。

部下・同レベルの図形を挿入   Topへ

  1. 「クリックしてテキストを入力」と表示されている部分をクリックするとカーソルが表示されます。
    2個の図形にそれぞれ「学校」「担任」と入力します。
  2. 担任を選択し、組織図ツールバーの「図形の挿入」の「▼」部分をクリックし、「部下」の図形を挿入します。
  3. 同様に、「アシスタント」を挿入します。
  4. 部下に「学級委員」、アシスタントに「副担任」とテキストを入力します。
  5. 学級委員を選択し「同レベル」を挿入し、「副委員」と入力します。
  6. 学級委員の下に部下を2個挿入します。
  7. 以下同様に各生徒の下に部下を3こずつ挿入し「生徒2」〜「生徒16」と入力します。

図形の大きさを変更する   Topへ

組織図のサイズ変更を利用する

オートシェイプの書式設定を利用する   Topへ

  1. 組織図のツールバーで[レイアウト]→[組織図のオートレイアウト]を「OFF」にします。
  2. 一番上の「学校」図形の枠を選択します。
  3. 組織図のツールバーで[選択]→「分岐]を選択すると、図形を全て選択できます。
  4. メニューバーの[書式]→[オートシェイプ]を選択し、サイズタブで「高さ」「幅」を設定します。
  5. 図形のサイズが変更されました。
  6. コネクタが詰まってしまいましたので、縦方向に伸ばしたいと思います。
    描画キャンパスを下方向へドラッグして領域を広げます。
  7. 組織図のツールバーで[レイアウト]→[組織図のオートレイアウト]を「ON」にします。
    縦方向へ組織図が拡大されました。
    オートシェイプの書式設定でサイズを確認すると、「高さ:14.99mm」「幅:32.14mm」となりました。
    設定と同じサイズではありませんが、これぐらいはしょうがないのかもしれません。
  8. フォントサイズ:14pt、「太字」「MS 明朝」行間:固定値で18ptと設定した結果が下の例です。

組織図のスタイルを変更する   Topへ

組織図を横向きにする   Topへ

  1. 組織図のオートレイアウトが「OFF」の状態で操作します。
  2. 図形描画ツールバーの「オブジェクトの選択」で組織図の図形とコネクタを選択します。
    選択が漏れてしまった図形はShiftキーを押しながら選択して、全て選択します。
  3. [編集]→[コピー]でコピーし、次のページにカーソルを表示し、[編集]→[貼り付け]で貼り付けます。
  4. 図形描画ツールバーの「オブジェクトの選択」で貼り付けた図を全て選択し、[図形の調整]→[グループ化]を選択します。
  5. 1ページ目の描画キャンパスを削除します。
  6. [ファイル]→[ページ設定]で用紙の向きを横向きにします。
  7. 図形を選択し、回転ハンドルを使って横向きにします。
  8. 全ての図形を選択して、[図形の調整]→[グループ解除]を選択します。
  9. テキストボックス内のフォントサイズや行間の設定をします。
    下図のようになりました。

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)講座 応用編:目次|組織図を使った連絡網の作成

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27