よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)講座 Q&A(Tips):目次|環境設定関連

Word(ワード)講座 Q&A(Tips):環境設定関連


スポンサードリンク

標準のフォント、フォントサイズを変更する

  1. [書式]→[フォント]の[フォント]タブを選択します。
  2. フォントやサイズを変更して、[既定値として設定]ボタンをクリックします。
    下図は日本語用のフォントを「MSゴシック」、サイズを「12」に変更した例です。
    規定値の変更:フォントとサイズ
  3. 確認のダイアログが表示されますので、[はい]ボタンをクリックすると設定が変更されます。
    規定値の変更:確認メッセージ
  4. 以降は、変更した設定で使用できます。
    なお、入力途中や編集中の場合はそれらの文書も標準の書体などが変更されます。
    規定値の変更:変更後の状態

既定の文書の保存先・読み込み先のフォルダを変更する     Topへ

  1. メニューバーの[ツール]→[オプション]の[既定のフォルダ]タブを選択します。
  2. 「ファイルの種類」で文書を選択して、[変更]ボタンをクリックします。
    既定のフォルダの変更
  3. 変更するフォルダの場所と、フォルダを選択します。
    フォルダの選択
  4. 「既定の参照先」が変更されます。
    既定のフォルダの変更後
  5. 以降、ファイルの保存時や開く時にはこのフォルダが最初に開くようになります。
    ファイルを開く時の状態

新規に作成する文書のページ設定を変更する    Topへ

  1. [ファイル]→[ページ設定]を選択します。
  2. 「文字数と行数」「余白」「用紙」などの設定をよく使うものに変更します。
    [規定値として設定]ボタンをクリックします。
    規定値の変更:ページ設定
  3. 「印刷レイアウトの規定値を変更しますか?」とのダイアログで「はい」を選択すると変更されます。
    規定値の変更:確認メッセージ

テンプレートを作成する   Topへ

  1. [ファイル]→[ページ設定]を選択し、[用紙]タブで「B5」に変更します。
  2. [ファイル]→[名前を付けて保存]を選択します。
    「ファイルの種類」で「文書テンプレート(*.dot)」を選択します。
    「保存先」が「Templates」になっているのを確認します。
    [保存]ボタンをクリックすると登録されます。
    テンプレートとして保存
  3. 呼び出す時は、[ファイル]→[新規作成]を選択します。

使用する単位を変更する   Topへ

  1. [ツール]→[オプション]の[全般]タブを選択します。

最近使用したファイルの一覧を表示したくない   Topへ

ファイルを開く時プレビューでファイル内容を確認したい   Topへ

図を挿入する時、行内以外の配置に変更する   Topへ

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)講座 Q&A(Tips):目次|環境設定関連

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27