よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|表を作成する方法
よねさんのWordとExcelの小部屋

表を作成する方法:Word基本講座

スポンサードリンク


更新 2021/07/24

[表の追加]からの操作 [表の挿入]を使う 罫線ボタンからの操作

表を挿入する

[挿入]タブの[表の追加]ボタンを使う   topへ

  1. 表を入れるところをクリックして、カーソルを出します。
  2. [挿入]タブの[表の追加]ボタンをクリックします。
    マウスポインタを四角の升目に乗せるとオレンジ色になります。
    オレンジ色と同じ数の行や列の表が挿入されます。
  3. 3行×4列の表が挿入されました。

[挿入]タブの[表の追加]→[表の挿入]を使う   topへ

  1. 表を入れるところをクリックして、カーソルを出します。
  2. [挿入]タブの[表の追加]→[表の挿入]を選択します。
  3. 表の挿入 ダイアログボックスが表示されます。
    表のサイズで列数と行数を決めます。
    [OK]ボタンをクリックすると、カーソルのある場所に表が挿入されます。
  4. 4行×5列の表が挿入されました。

[挿入]タブの[表の追加]→[罫線を引く]を使う   topへ

  1. 表を入れるところをクリックして、カーソルを出します。
  2. [挿入]タブの[表の追加]→[表の挿入]を選択します。
  3. マウスポインターが下図のように「鉛筆」の形に変わります。
    鉛筆の芯の部分をドラッグすると罫線が引けます。
    (注)一本線の場合は破線が表示されませんが、ちゃんと罫線が描かれます。
  4. 横罫線や縦罫線も罫線を引きたいところでドラッグします。
  5. 下図のような表ができました。
    行の高さが異なっています。
    結構操作が難しいので、この方法で最初位から表を作るのはお勧めできません。
    表に罫線を付け加えたりするのには便利かもしれません。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|表の作成(挿入)方法

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27