よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|表の作成(挿入)方法
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word(ワード)基本講座:表の作成(挿入)方法

スポンサードリンク


ツールバーからの操作 メニューバーからの操作 罫線ボタンからの操作

表の挿入 (3通り説明します A,Bがお勧めです Cは難しいかも?)

A)ツールバーの[表の挿入]ボタンを使う   topへ

  • 4行×5列までの表を挿入したい場合
  1. 表を入れるところをクリックして、カーソルを出します。
  2. ツールバーの【表の挿入】ボタンをクリックします。
  3. マウスポインタを四角の升目に乗せると青くなります。
  4. 挿入する表の升目の数だけ青くしてクリックするとカーソル位置に表が挿入されます。
    表の操作:表の挿入(小さい表)
  • 4行×5列より大きな表を挿入したい場合
  1. 表を入れるところをクリックして、カーソルを出します。
  2. ツールバーの[表の挿入]ボタンをクリックします。
  3. マウスをドラッグして青い領域を広げます。
  4. マウスのボタンを離すと表が挿入されます。

    表の操作:表の挿入(大きい表)

B)メニューバーから表を挿入する   topへ

  1. 表を入れるところをクリックして、カーソルを出します。
  2. メニューバーの【罫線]】→【挿入】→【表】を選択します。

    表の操作:メニューからの操作
  3. 表のサイズで列数と行数を決めます。
  4. 【OK】ボタンをクリックすると、カーソルのある場所に表が挿入されます。
    表の操作:表の挿入ダイアログ

C)[罫線]ツールバーの[罫線を引く]ボタンを使う   topへ

  1. ツールバーの〔罫線〕ボタンをクリックします。
    表の操作:罫線ボタン
  2. 罫線ツールバーが表示されます。(【罫線を引く】ボタンがオンになっています。)
    マウスポインターが下図のように「鉛筆」の形に変わります。
    表の操作:罫線ツールバー
  3. 鉛筆の芯の部分をドラッグすると罫線が引けます。
    (注)一本線の場合は破線が表示されませんが、ちゃんと罫線が描かれます。
    マウスで線を引く感じで作成できますが、慣れないと難しいです。
    表の操作:罫線を描画する

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|表の作成(挿入)方法

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27