よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|オートシェイプの書式設定
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word(ワード)基本講座:オートシェイプの書式設定


スポンサードリンク


書式設定 影つきスタイル 3-D効果

オートシェイプの書式設定       Topへ

(A)図形描画ツールバーを使う場合


(B)書式設定ダイアログから変更する場合

  1. 書式設定ダイアログを表示します。
    オートシェイプの書式設定ダイアログを出す方法。
    1. オートシェイプの枠部分をダブルクリックします。
    2. オートシェイプを選択した状態(枠部分をクリック)で、メニューバーの[書式]-->[オートシェイプ]を選択します。
    3. オートシェイプの枠部分を右クリックして、〔オートシェイプの書式設定〕を選択します。
    • (注意)オートシェイプの中央部分をダブルクリック/右クリックした場合、テキストの編集になり、[オートシェイプの書式設定]が表示されないことがあります。
  2. [色と線]のタブをクリックし、『塗りつぶしの色』、『線』などの設定をします。

影つきスタイル         Topへ

  1. オートシェイプの枠線部分をクリックして選択します。
    (下図のように白丸付きで点状の網の目の枠がついた状態になります)
  2. 図形描画のツールバーの[影付きスタイル]ボタンをクリックします。
    表示されたスタイルから選択します。
  3. 選択したスタイルの影がつきます。
  4. 影の位置を微調整します。
    1. オートシェイプを選択した状態にします。
    2. 図形描画のツールバーから[影付きスタイル]を選択し、[影の設定]を選択します。
    3. [影の設定]ツールバーが表示されます。
    4. 影の微調整ボタンをクリックすると、影の位置を微妙に動かすことができます。
    5. 影の位置を微調整した例です
  5. 影の色の設定例
    1. オートシェイプを選択した状態にします。
    2. 図形描画のツールバーから[影付きスタイル]を選択し、[影の設定]を選択します。
    3. [影の設定]ツールバーが表示されます。
    4. [影の設定]ツールバーの[影の色]を選択し、表示されたカラーパレットから色を選択します。
    5. 影の色を〔赤〕にした例です。

3-D効果            Topへ

  1. オートシェイプを選択した状態にします。
  2. 図形描画のツールバーから[3-D スタイル]ボタンをクリックし、スタイルを選択します。


    吹き出しが3-Dになりました。
  3. 細かな変更を行うには、[3-D の設定]を使います。
    図形描画のツールバーから[3-D スタイル]ボタンをクリックし[3-D の設定]を選択します。
    [3-D の設定]ツールバーが表示されますので、このツールバーで詳細な変更を行います。

  4. [3-Dの色]を「明るい緑」にした例です。

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|オートシェイプの書式設定

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27