よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|タブ揃えとリーダーを設定する
よねさんのWordとExcelの小部屋

タブ揃えとリーダーを設定する:Word基本講座


スポンサードリンク


更新 2021/9/17

左揃えタブ 右揃えタブ 小数点揃えタブ
中央揃えタブ 縦棒タブ リーダー
ルーラーのタブマーカーを細かく動かす方法

タブ揃え   topへ

タブ設定の削除

編集記号の表示/非表示

左揃えタブの設定方法   topへ

ルーラーを利用する方法

  1. 文字列を入力します。編集記号「→」の所は[Tab]キーを押します。
    既定のタブ位置でタブ揃えされます。4文字の位置で揃えられますが、文字数により揃う位置が異なってしまっています。
    1行目と3行目は4文字なので8文字目に揃えられ、2行目は2文字のため4文字目にタブ位置が揃えられています。
  2. タブ揃えを設定する段落を選択します。
  3. タブセレクタが左揃えタブになっているのを確認します。(左の L のところ、ここはクリックするとタブの種類が変わります))
    ルーラで文字列の左端に相当するところでクリックすると「左揃えタブ」が表示され、文字列が揃います。

  4. 左揃えができました。

タブとリーダー ダイアログボックスを利用する方法

  1. 文字列を入力します。編集記号「→」の所は[Tab]キーを押します。
    タブ揃えを設定する段落を選択します。
  2. [ホーム]タブの段落グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    ショートカットキーは [Alt][O][T]となります。
  3. 段落ダイアログボックスが開きます。
    下の[タブ設定]ボタンをクリックします。
  4. タブ位置に「6」(文字数)とし、種類で「左揃え」にチェックを入れてOKボタンをクリックします。
  5. ルーラの6文字目の位置に左揃えタブの記号が表示され、左端が揃いました。

右揃えタブ   topへ

ルーラーを利用する方法

  1. 文字列を入力します。編集記号「→」の所は[Tab]キーを押します。
    タブを設定する段落を選択します。
  2. タブセレクタを右揃えタブに切り替えます。
    ルーラで文字列の右端に相当するところでクリックすると「右揃えタブ」が表示され、文字列が揃います。
  3. 右揃えができました。

ダイアログボックスを利用する方法

  1. 上記と同様に入力し、入力した段落を選択します。
  2. [ホーム]タブの段落グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    段落ダイアログボックスで[タブ設定]ボタンをクリックします。
    ショートカットキーは [Alt][O][T]となります。
    タブ位置に「10」(文字数)とし、種類で「右揃え」にチェックを入れてOKボタンをクリックします。
  3. ルーラの10文字目の位置に右揃えタブの記号が表示され、右端が揃いました。

小数点揃えタブ   topへ

ルーラーを利用する方法

  1. 文字列を入力します。編集記号「→」の所は[Tab]キーを押します。
    タブ設定を行う段落を選択します。
  2. 小数点揃えタブになっているのを確認します。
    ルーラで文字列の小数点の位置に相当するところでクリックすると「小数点揃えタブ」が表示され、文字列が揃います。
  3. 小数点揃えができました。

ダイアログボックスを利用する方法

  1. 文字列を入力します。編集記号「→」の所は[Tab]キーを押します。
    タブ設定を行う段落を選択します。
  2. [ホーム]タブの段落グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    段落ダイアログボックスで[タブ設定]ボタンをクリックします。
    ショートカットキーは [Alt][O][T]となります。
    タブ位置に「8」(文字数)とし、種類で「小数点揃え」にチェックを入れてOKボタンをクリックします。
  3. ルーラの8文字目の位置に小数点揃えタブの記号が表示され、小数点位置が揃いました。

中央揃えタブ   topへ

  1. 文字列を入力します。編集記号「→」の所は[Tab]キーを押します。
    タブ設定を行う段落を選択します。
  2. 中央揃えタブになっているのを確認します。
    ルーラで文字列の中央の位置に相当するところでクリックすると「中央揃えタブ」が表示され、文字列が揃います。
  3. 中央揃えができました。

縦棒タブ   topへ

  1. 文字列を入力します。編集記号「→」の所は[Tab]キーを押します。
    6文字の位置に左揃えタブを設定しました。
  2. 縦棒タブになっているのを確認します。
    ルーラで縦棒を挿入する位置に相当するところでクリックすると、縦棒が挿入されます。
  3. 縦棒が挿入できました。

リーダー   topへ

  1. 左揃えの設定をします。
    リーダーを設定する行を選択します。
  2. [ホーム]タブの段落グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    ショートカットキーは [Alt][O][T]となります。
  3. 段落ダイアログボックスが開きます。
    下の[タブ設定]ボタンをクリックします。
  4. 設定するリーダー文字を選択します。
  5. リーダー文字に中点「・」を設定しました。
    下図は編集記号を非表示持しています。タブの編集記号が非表示にしています。

リーダーの解除方法

  1. リーダーを解除したい行を選択します。
  2. [ホーム]タブの段落グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    段落ダイアログボックスで[タブ設定]ボタンをクリックします。
    ショートカットキーは [Alt][O][T]となります。
    リーダーの「なし」を選択します。
  3. リーダーが解除されました。

ルーラーのタブマーカーを細かく動かす方法

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|タブ揃えとリーダーを設定する

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27