よねさんのWordとExcelの小部屋Word2007(ワード2007)実用編の目次|Word2007で計算をする
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word2007(ワード2007)実用編:Word2007で計算をする


スポンサーリンク


Word2007で計算をする 計算式の組み方 計算式の入力方法
計算式のコピー方法 再計算の方法 Excelの表をWordへ貼る

Word2007で計算をする     Topへ

計算式の組み方     Topへ

計算式の入力方法     Topへ

  1. セルを選択し、[表ツール]リボンの[レイアウト]タブの[データ]グループにある[計算式]を実行します。
  2. 計算式の部分に計算式を入力します。
    下図はD2セルへの入力例です。
  3. 表示形式で適切なものを選択します。
    下図はD2セルへの入力例です。
  4. 他のセルも同じように入力します。
    Wordではセル参照が絶対参照のようにコピーしても自動で変わらないので、各セルに入力する必要があります。
    Excelの相対参照でコピーしたら自動で参照セルの番地が変わるようにはなっていないようです。
  5. E1セルのように関数を使う場合は「関数貼り付け」から関数を入力できます。
  6. 数式を入力すると以下のようになります。

計算式のコピー方法     Topへ

  1. フィールドコード(網掛け部分)をドラッグして選択します。
  2. [ホーム]タブの「コピー」を実行し、コピー先のセルを選択して[貼り付け]を実行します。
    コピー元と同じ数式が張り付けられますので、数式を修正します。
    1. [表ツール]リボンの[レイアウト]タブの[データ]グループにある[計算式]を実行すると、「計算式」ダイアログに表示されます。
    2. 右クリックメニューを利用する
      1. フィールドコード部分を右クリックして、[フィールドコードの表示/非表示]を実行します。
      2. フィールドコードが表示されますので、この状態で計算式を修正します。
      3. 計算式を修正後、右クリックして[フィールドの更新]を実行します。
    3. ショートカットキーを利用する
      1. フィールドコード部分を選択して(またはカーソルをフィールドコード部分に表示して)、[Shift]+[F9]キーを押してフィールドコードを表示します。
      2. 数式を修正後、[Shift]+[F9]キーを押して元に戻しますが、再計算のため[F9]キーを押します。
      • 【メモ】 [Alt]+[F9]ですべてのフィールドコードを表示/非表示にすることができます。
  3. 計算結果が表示されます。

再計算の方法     Topへ

Excelの表をWordへ貼る   Topへ

  1. 結果だけを貼り付ける

    1. Excelの表を選択し、[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある[コピー]を実行します。
    2. Wordで、貼り付け先にカーソルを表示し、[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある[貼り付け]を実行します。
  2. Excelワークシートオブジェクトとして貼り付ける

    1. Excelの表を選択し、[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある[コピー]を実行します。
    2. Wordで、貼り付け先にカーソルを表示し、[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある[貼り付け]→[形式を選択して貼り付け]を実行します。
    3. 貼り付ける形式で「Microsoft Office Excel ワークシートオブジェクト」を選択します。
    4. Wordへ貼り付けられました。
    5. 貼り付けた表内をダブルクリックすると、Excelの機能が使えます。

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word2007(ワード2007)実用編の目次|Word2007で計算をする

 PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27