よねさんのWordとExcelの小部屋Word2007(ワード2007)基本講座の総目次|テキストボックスの使い方
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word2007(ワード2007)基本講座:テキストボックスの使い方

スポンサーリンク


テキストボックスの起動 テキストボックスの挿入
文字の入力 テキストボックスの移動 テキストボックスの書式設定
塗りつぶし効果  線の設定  レイアウトの設定
テキストボックスのリンク

テキストボックスの種類       Topへ

  1. 「組み込み」の中から選択する
  2. [横書きテキストボックスの描画][縦書きテキストボックスの描画]から挿入する

テキストボックスの挿入        Topへ

  1. [挿入]タブの[テキスト]グループにある[テキストボックス]から[横書きテキストボックスの描画]または[縦書きテキストボックスの描画]をクリックします。
  2. 文書内にマウスポインタを動かすと、ポインタが十字に変わります。
  3. 適当な大きさになるようにマウスをドラッグするとテキストボックスが挿入されます。
    (注)文書内をクリックすると基本形状で挿入されます。
  4. 文書内でドラッグしてテキストボックスを挿入した例

文字の入力            Topへ

  1. マウスを離すと、テキストボックス内にカーソルが表示された状態になります。
  2. キーボードから文字を入力します。

横書きを縦書きに変更する    Topへ

  1. テキストボックスを選択します。
    「テキストボックス ツール」リボンが表示されます。
  2. 「テキストボックス ツール」リボンの[書式]タブの[テキスト]グループにある[文字列の方向]を実行します。
  3. 縦書きに変更した例です。

テキストボックス内でのインデント      Topへ

文字が入りきらない場合       Topへ

マウスで調整する    Topへ

  1. ハンドルにマウスポインタを合わせて、ドラッグしてテキストボックスを拡大します。
  2. これで文字がすべて表示されました。

テキストボックスのサイズを自動調整する    Topへ

  1. テキストボックスを選択します。
  2. [テキストボックス ツール]リボンの[書式]タブで[テキストボックス スタイル]のダイアログボックスランチャーをクリックします。
  3. [テキストボックスの書式設定]のダイアログが表示されます。
    [テキストボックス]タブの「文字列に合わせて描画オブジェクトのサイズを調整する」にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。
  4. テキストボックスのサイズが変更されました。横幅を基準に高さが自動調整されます。
  5. 横幅を変更すると、高さが文字列を表示できるサイズに自動で調整されます。

テキストボックスの移動        Topへ

  1. テキストボックスの枠部分にマウスポインタをポイントする(重ねる)十字矢印と白矢印に変わります。
    (注)テキストボックスの内部では、マウスポインタの形状(「 I 」形状)が異なります。
  2. この状態のまま、マウスをドラッグすると移動できます。

テキストボックスのコピー        Topへ

  1. テキストボックスの枠部分にマウスポインタをポイントする(重ねる)十字矢印と白矢印に変わります。
    (注)テキストボックスの内部では、マウスポインタの形状(「 I 」形状)が異なります。
  2. この状態で、[Ctrl]キーを押した状態で、マウスをドラッグするとテキストボックスをコピーすることができます。
  3. 水平、垂直方向へコピーしたい時は[Shift]+[Ctrl]キーを押した状態でドラッグします。

テキストボックスの書式設定      Topへ

  1. テキストボックスを選択します。
  2. [テキストボックス ツール]リボンの[書式]タブで[テキストボックス スタイル]のダイアログボックスランチャーをクリックします。
  3. [テキストボックスの書式設定]のダイアログが表示されます。

垂直方向の中央に配置する    Topへ

色と線の設定       Topへ

塗りつぶし効果      Topへ

  1. テキストボックスを選択し、[テキストボックスの書式設定]ダイアログの[色と線]タブを選択します。
  2. 色を選択します。

線の設定       Topへ

  1. テキストボックスを選択し、[テキストボックスの書式設定]ダイアログの[色と線]タブを選択します。
  2. 「線」の「色」を選択します。

レイアウトの設定        Topへ

  1. 「テキストボックス ツール」リボンの[書式]タブの[配置]グループにある[文字列の折り返し]を実行します。
  2. 書式設定ダイアログでは[レイアウト]タブで設定します。

テキストボックスのリンク       Topへ

(操作手順) あらかじめ文章が入力されている例を示します。

  1. 文章をWordやメモ帳に入力しておきます。
  2. 用紙内にテキストボックスを複数配置します。
    1. テキストボックスの枠部分を【Ctrl】キーを押しながらドラッグすると、コピーできます。
      2個目のテキストボックスを選択するには【Shift】キーを押しながら選択します。
    2. 3個配置しました。
  3. 1個目のテキストボックス内を選択してカーソルを表示します。
  4. あらかじめ入力していた文書をコピーし、テキストボックスに貼り付けます。
  5. 「テキストボックス ツール」リボンの[書式]タブの[テキスト]グループにある[リンクの作成]ボタンをクリックし、2個目のテキストボックスをクリックします。(この時、マウスポインタの形状が変化しているのを確認します。)
  6. 同様に、3個目のテキストボックスにもリンクを作成します。
  7. すると、文章が3個のテキストボックスに連続して流し込まれます。


リンクの解除

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word2007(ワード2007)基本講座の総目次|テキストボックスの使い方

 PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27