セル数をカウントする(COUNT関数,FREQUENCY関数):Excel関数

スポンサードリンク


更新 2021/10/23

数値データのセルの数を数える(COUNT関数) 空白を除く全てのセル数を数える(COUNTA関数)
空白のセルの数を数える(COUNTBLANK関数)
区間のセル数を数える(FREQUENC関数)

数値データのセルを数える     topへ
 カウント
=COUNT(範囲)
日付や時刻もカウントすることができます。

文字や数値、式などのデータが入力されているセルを数える 未入力セルは数えません(カウントできません)。
 カウントエー
=COUNTA(範囲)

空白のセルを数える
 カウントブランク
=COUNTBLANK(範囲)

問題1

  1. セル範囲 D3:D12 の中で、数値データが入力されているセルの個数はいくつですか。D13に数式を入れなさい。
  2. セル範囲 D3:D12 の中で、文字が入力されているセルの個数はいくつですか。D14に数式を入れなさい。
  3. セル範囲 D3:D12 の中で、空白のセルの個数はいくつですか。D15に数式を入れなさい。
    B C D
    2 連番 氏名 算数
    3 1 上原嘉男 86
    4 2 森永彩芽 69
    5 3 古田恵
    6 4 太田千恵子 85
    7 5 豊田啓一 93
    8 6 新村遥奈 欠席
    9 7 坂元彩香 41
    10 8 坪井尚生 56
    11 9 西原舞 欠席
    12 10 中野野乃花 59
    13 数値セルの数
    14 文字セルの数
    15 空白セルの数

問題1の解答例


問題2

問題2の解答例

データの頻度分布を、縦方向の数値の配列として返す(度数分布)     topへ
 フリークエンシー
=FREQUENCY(データ配列,区間配列)

問題3

問題3の解答例1

  1. E4:E6に計算する区間の数値を入力します。
  2. 計算結果を表示するセル範囲F4:F6を選択します。
  3. F4セルに =FREQUENCY(C4:C9,E4:E6) と入力し、[Ctrl]+[Shift」+[Enter]で確定します。
  4. または、=FREQUENCY(C4:C9,{40,70,100}) と区間を値で入力することもできます。
    (最大値が100と決まっている場合、上限を定めず=FREQUENCY(C4:C9,{40,70})とすることもできます)

問題3の解答例2:COUNTIF関数を使って計算することもできます。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋 »  エクセル関数一覧表 »  セル数をカウントする関数の使い方(COUNT関数,FREQUENCY関数

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27