氏名(本名) 矢澤金太郎 矢澤金太郎
生年月日 1946年1月9日
出身地 東京都杉並区高円寺
出身校 信州大学繊維学部繊維工学科
所属 日本工芸会 正会員

師匠 マルク・ガルニエ(フランス)の内弟子として1996〜1997年、アルザス地方で修業後、妻美子の郷里、宮崎で指物家具工房を開設、現在に至る。

作家歴 1977年9月工房開設
    1981年英国アーツ&クラフツの継承者エドワード・バーンスレー夫妻、アラン・ピータズ氏と会う。アラン・ピーターズ氏の依頼でオックフォード大学 ライコットウッドカレッジにて日本の指物技術に関する講義と実技指導を行う
  1986〜1989年国展4回入選
1986〜1990年日本伝統工芸展4回入選
1986〜1991年西部工芸展朝日カルチャーセンター賞、朝日新聞社賞、 西部工芸展正会員賞
1990年日本工芸会正会員認定
1991年英国ジャパンフェスティバル招待出品
1992年より公募展出品をやめ、もっと身近な、日々の生活を楽しむためのいろいろな家具、木工品の考案、制作に情熱を注ぐようになった。
2007年アメリカの木工雑誌「Fine Wood Working」に矢澤のライフワ―ク オリジナル組手作品が取り上げられ世界の国々から大きな反響があった
2016年3月イタリアの木工専門誌「LEGNO」に矢澤の木工が掲載される
2016年6月英国The Financial Timesに矢澤の木工が紹介される