集計値を求める関数・AGGREGATE関数の使い方:Excel関数

スポンサードリンク


更新 2021/10/22

リストまたはデータベースの集計値を返す   topへ
 アグリゲイト
セル範囲形式 =AGGREGATE(集計方法, オプション, 参照 1, [参照 2], …)
配列形式    =AGGREGATE(集計方法, オプション, 配列, [k(順位)])


【問題1】
【問題1の解答例】

【問題2】

【問題2の解答例】


【問題3】

【問題3の解答例】

  1. D17セルに =AGGREGATE(1,7,D3:D15) と入力します。
    非表示行の平均値を求めるにはSUBTOTAL関数が使えますが、エラー値があると計算できません。
    よって、ここではAGGREGATE関数を利用しました。

  2. データリストをフィルターで絞り込みます。
    データの範囲 B2:D15 を選択します。
  3. [データ]タブの[フィルター]を実行します。
  4. 列見出し「クラス」のフィルターボタンをクリックします。
    表示されたメニューのリストで「1」にチェックを入れます。(「2」のチェックを外します。)
  5. クラス「1」のデータが抽出できました。
    クラス1の平均が計算されました。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋 »  エクセル関数一覧表 »  集計値を求める関数・AGGREGATE関数の使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27