条件に一致するセルをカウントする(COUNTIFS関数,COUNTIF関数):Excel関数

スポンサードリンク


更新 2022/4/7

複数の条件でセル数をカウントする(COUNTIFS関数) 条件付きでセル数をカウントする(COUNTIF関数)
完全一致の検索 部分一致の検索 - ワイルドカード文字を使って数える
○以上△△未満のセル数をCOUNTIF関数で数える 血液型ごとの人数を数える

はじめに     topへ

COUNTIFS関数複数の検索条件に一致するセルの個数を返します。 Topへ
カウント イフズ
COUNTIFS(検索条件範囲1,検索条件1,検索条件範囲2,検索条件2...)
  Excel2007で追加された関数です。
条件は「条件1AND条件2...」のANDでの結果になります。


検索条件に合うセルを数える。     topへ
 カウントイフ
=COUNTIF(範囲,検索条件)
   検索条件に文字や式を使う時には「"」(半角の二重引用符)で囲みます。

完全一致の検索

部分一致の検索 - ワイルドカード文字を使って数える     topへ




○○以上△△未満のセル数をCOUNTIF関数で数える     topへ

血液型ごとの人数を数える     topへ

  1. K3セルに =UNIQUE(I3:I22) と入力して、ユニークな(重複しない)血液型を抽出します。
    COUNTIF関数17
  2. L3セルに =COUNTIF(I3:I22,K3#) と入力します。=COUNTIFS(I3:I22,K3#) でもOKです。
    K3# の # はスピル範囲演算子と呼ばれ、スピルで生成される範囲を指定できます。
    COUNTIF関数18
  3. ここの例題では AB型がいないので、データを修正してみます。
    数式を変更する必要はなく、ABが追加され、人数もカウントできました。
    COUNTIF関数19

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋 »  エクセル関数一覧表 »  条件に一致するセルをカウントする(COUNTIFS関数,COUNTIF関数)

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27