合計の関数(SUM),オートSUMの使い方:Excel関数

スポンサードリンク


合計の関数(SUM関数) オートSUM

範囲の値を合計します   topへ
 サム
=SUM(範囲)

[A]連続した範囲の合計を求める    topへ

【問題1】収入金額と支出金額の合計を求めなさい。 【解答例】SUM関数を使った解答例です。

オートSUMボタン『Σ』を使った入力方法   topへ

  1. 合計を表示するE12セルをクリックし、アクティブにします。
  2. [ホーム]タブの編集グループにある Σ オートSUMボタンをクリックします。
    ショートカットキーは [Alt]+[Shift]+[=] です。
  3. セルE11に青い枠が表示され、E12には『=SUM(E11)』と表示されます。
  4. 正しいセル範囲を指定します。
    1. E3:E11 をドラッグして指定します。
    2. 合計するセル範囲は、E3:E11ですので、E11セルの青枠線(カラーリファレンス)の上角にマウスポインタを重ねE3までドラッグします。


      青枠線でE3:E11を囲むと、数式は『=SUM(E3:E11)』と正しく設定できます。
      【Enter】キーを押します。(数式バーの左にある緑のチェックマークをクリックしても良い)
  5. E12セルからオートフィルを使ってF12に数式をコピーします。

[B-1]不連続の範囲の合計を求める    topへ

【問題2】収入と支出の合計をD8:D9セルに求めなさい。 【解答例】

オートSUMボタンを使って数式を入力する方法1    topへ

  1. D8セルをクリックしてアクティブにします。
  2. [ホーム]タブの編集グループにある Σ オートSUMボタンをクリックします。
  3. セル範囲 C3:C6 をドラッグして選択します。
  4. キーボードから『,』(カンマ)を入力します。
  5. セル範囲 E3:E6 をドラッグして選択します。
  6. [Enter]キーを押して、数式の入力を確定します。

オートSUMボタンを使って数式を入力する方法2    topへ

  1. D8セルをクリックしてアクティブにします。
  2. [ホーム]タブの編集グループにある Σ オートSUMボタンをクリックします。
  3. マウス操作で、セル範囲 C3:C6 をドラッグして選択し、[Ctrl]キーを押しながらセル範囲 E3:E6 をドラッグして選択しても同じ様にできます。
  4. [Enter]キーを押して、数式の入力を確定します。

[関数の挿入]ボタンを使って数式を入力する方法    topへ

  1. D8セルをクリックしてアクティブにします。
  2. 数式バーの関数の挿入【fx】ボタンをクリックします。
  3. 表示される関数の挿入ダイアログで【SUM】を選択します。
  4. 【関数の引数】ダイアログで、
  5. [OK]ボタンをクリックします。または、[Enter]キーを押して、数式の入力を確定します。

[B-2]不連続の範囲の合計を求める     topへ

【問題3】集計表の合計(D10:D11)を完成しなさい。

【解答例】不連続な値の合計は、「,」(カンマ)で値を列記します。

【関連事項】SUM関数以外の方法

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋 »  エクセル関数一覧表 »  合計の関数(SUM),オートSUMの使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27