よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)基本講座の総目次Excel(エクセル)関数一覧表|日付の関数
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)基本講座:日付の関数

スポンサードリンク


日付の計算 今日の日付[TODAY()]
現在の日時[NOW()] シリアル値から数値へ(YEAR,MONTH,DAY)
数値からシリアル値へ(DATE) 文字列をシリアル値へ(DATEVALUE)
期間の計算(DATEDIF) 日付の表示形式
日付の表示を和暦に変換する(DATESTRING)
シリアル値を曜日の数値へ(WEEKDAY) 指定した稼動日数だけ前/後の日付(WORKDAY)
指定された期間の稼動日数(NETWORKDAYS) その年の第何週目に当たるかを返す(WEEKNUM)
月末の日付を返す(EOMONTH) 指定した月数分だけ前後した日付(EDATE)
日付の差を求める(DAYS)  

シリアル値

日付の計算    topへ

日付時刻を表示する   topへ
 トゥデイ
=TODAY() :今日の日付を表示する。ショートカットキーでは[Ctrl]+[;] (セミコロン)
 ナウ
=NOW()   :今日の日付と時刻を表示する。ショートカットキーでは[Ctrl]+「:」(コロン)

【問題】

  1. 今日の日付をB2セルに、今の時刻をC2セルに表示しなさい。
  2. B3セルに明日の日付を表示しなさい。
  3. C3セルに1時間後の時刻を表示しなさい。

【解答例】

【補足説明】

再計算について

[F9] キー 開いているすべてのブックの中で、最後に計算されたとき以降に変更された数式と、その数式を参照する数式を再計算します。
[SHIFT]+[F9] キー  作業中のワークシートの中で、最後に計算されたとき以降に変更された数式と、その数式を参照する数式を再計算します。
[Ctrl]+[Alt]+[F9]キー 開いているすべてのブックの数式を再計算します。最後に計算されたとき以降に変更されたかどうかは問いません。
[Ctrl]+[Shift]+[Alt]+[F9]キー 参照先の数式を再度チェックし、開いているすべてのブックの数式を再計算します。最後に計算されたとき以降に変更されたかどうかは問いません。

パソコンの日付と時刻の変更方法    topへ

開始日と終了日との日数差を調べて、指定した単位で表示します    topへ
 デイトディフ
=DATEDIF(開始日,終了日,"単位")
      開始日と終了日との日数差を調べて、指定した単位で表示します
    ”単位” Y:年数  M:月数  D:日数
         YM:年数表示での端数の月数
         YD:         端数の日数
         MD:月数表示での端数の日数

     (注)単位は「 ” 」(二重引用符)でくくります。

  •  (注)この関数はHELPに記載されていません(Excel2002)。LOTUSとの互換用に採用された関数です。
     (注)”YD"や”MD"で日数を計算させると、間違った値になるバグがあるようです。注意してください。(Excel2003以前のバージョン)

              この例ではC列の答えは「10」が正解です。
  • [参考資料]
  • Excel2007とExcel2003以前とでDATEDIF関数の結果が異なるようです
    なんかややこしいことになっているようです。角田さんのサイトの「Excel2003以前と、Excel2007では DATEDIF 関数の算出結果が異なります」に解説などがありますのでそちらを参照してください。

【問題】次の人の年齢を求めましょう。基準日はF2セルです。

【解答例】

【Step Up】

日付データ(シリアル値)から「年」「月」「日」を取り出す  topへ
 イヤー
=YEAR(日付)
  :『年』を返します。1900 〜 9999 (年) の範囲の整数となります。
 マンス
=MONTH(日付)
 :『月』を返します。1 〜 12 (月) の範囲の整数となります。
 デイ
=DAY(日付)
  :『日』を返します。1 〜 31 の範囲の整数となります。

【問題1】

【解答1例】

文字列の日付から年月日を取出す

空白セルを参照する時の注意

元号の数値(和暦)を求めたい時

「年」「月」「日」の数値を日付データ(シリアル値)に変える   topへ
 デイト
=DATE(年,月,日)  :シリアル値を返します。

【問題1】

【解答1例】


【問題2】

【解答2例】

日付を表す文字列をシリアル値に変換する   topへ
 デイトバリュー

=DATEVALUE(日付文字列)

【問題】

【解答例】

同じセルで文字列の日付をシリアル値に変更する

日付の表示を和暦に変換する   topへ
 デイト ストリング
=DATESTRING(日付のシリアル値)
(注)他の表計算アプリケーションとの互換を保つために用意された関数のため、ヘルプおよび関数ウィザードには表示されません。
  日本語版 Excel でのみ追加されたものです。

終了日と開始日の差を求めます。   topへ
 デイズ
=DAYS(終了日,開始日)
(注)Excel2013で追加された関数です。

シリアル値を曜日に対応する数値に変更する   topへ
 ウイークデイ
=WEEKDAY(シリアル値,種類)
     【種類】に『1』を指定するか省略した場合 :日曜日が1で始まり、土曜日が7となります。
     【種類】に『2』を指定した場合      :月曜日が1で始まり、日曜日が7となります。
     【種類】に『3』を指定した場合      :月曜日が0で始まり、日曜日が6となります。

【問題】B列の日付が土日の場合、C列に『休み』と表示し、月〜金の場合は『仕事』と表示しなさい。

【解答例】

【参考】下は2004年の日付です。

【おまけ】どうしてもWEEKDAY関数を使って、曜日を表示したい時は、関数との組み合わせで可能です。

【注意】1900年3月1日より前の日をWEEKDAY関数で処理する場合には注意が必要です。

指定された稼動日数だけ前/後の日付(シリアル値)を求めます   topへ
 ワークデイ
=WORKDAY(開始日,日数,祭日)
   指定した稼働日数の前/後の日付に対応する値を返します。稼動日とは、土曜、日曜、および指定された祭日を除く。
 (注) Excel2003以前のバージョンでは、エラー値 #NAME? が返される場合は、分析ツール アドインを組み込む必要があります。

【問題1】

【解答例】


【問題2】

【解答例】

指定された期間の稼動日数を求めます    topへ
 ネットワークデイズ
=NETWORKDAYS(開始日,終了日,祭日)
   指定した期間(開始日〜終了日)の稼働日数を返します。稼動日とは、土曜、日曜、および指定された祭日を除く。
 (注) Excel2003以前のバージョンでは、エラー値 #NAME? が返される場合は、分析ツール アドインを組み込む必要があります。

【問題1】

【解答例】


【問題2】

【解答例】

日付がその年の第何週目に当たるかを返します   topへ
 ウイークナム
=WEEKNUM(シリアル値,週の基準)
    週の基準 1:週の始まりを日曜日とします。
         2:
週の始まりを月曜日とします。
 (注) Excel2003以前のバージョンでは、エラー値 #NAME? が返される場合は、分析ツール アドインを組み込む必要があります。
   Excel2010以降では週の基準が増えています こちら をご覧ください。

WEEKNUM関数 (Excel2010以降)

日付のその年におけるISO週番号を返します   topへ
 アイエスオ− ウイークナム
=ISOWEEKNUM(日付)
 (注) Excel2013で追加された関数です。

月末の日付を求めます   topへ
 エンドオブマンス
=EOMONTH(開始月,月数)
      開始月から指定した月数分だけ前後した月末の日付を求めます。
      求めた日付はシリアル値ですので、
表示形式を日付に変更します
 (注) Excel2003以前のバージョンでは、エラー値 #NAME? が返される場合は、分析ツール アドインを組み込む必要があります。

【問題】2003年2月10日に請求書を発行します。支払期限のセルに翌月末を表示しなさい。

【解答例】C3セルがシリアル値で表示されたら、【書式】→【セル】で表示形式を日付に変更します。

【他の解答例】

土日、祝日を除いた月末を求めるには

指定した月数分だけ前後した日付   topへ
 イーデイト
=EDATE(開始日,月数)
   開始日から起算して、指定された月数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。
 (注) Excel2003以前のバージョンでは、エラー値 #NAME? が返される場合は、分析ツール アドインを組み込む必要があります。

【問題】2003年2月10日に請求書を発行します。支払期限の3ヶ月後の日付を表示しなさい。

【解答例】

【Memo】月末からの計算は下表のように、該当日が無い場合は月末の日付となります。

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)基本講座の総目次Excel(エクセル)関数一覧表|日付の関数

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27