よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|名前の定義とその使い方
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)基本講座:名前の定義とその使い方

スポンサードリンク


セル範囲に名前を定義する 数式に名前を定義する 名前を削除する
名前を作成する際の規則

セル範囲に名前を定義する

  1. 名前ボックスを利用する

    1. セル範囲C3:C8を選択します。
    2. 名前ボックスに「種類」と入力します。
  2. メニューから設定する

    1. データのみを選択した場合
      1. セル範囲C3:C8を選択します
      2. メニューバーの[挿入]→[名前]→[定義]を選択します。
      3. 参照範囲に選択しているセル範囲が絶対参照で入力されています。
        名前に「種類」と入力し、[追加]ボタンをクリックします。
    2. 列見出しをセル範囲の名前とする場合
      1. 列見出しを含めて選択します。例ではC2:C8を選択します。
      2. メニューバーの[挿入]→[名前]→[作成]を選択します。
      3. 選択範囲の最上端のセルの値(列見出し)「種類」を名前としたいので、[上端行」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。
  3. 数式内での利用例

数式に名前を定義する

名前を削除する

  1. メニューバーの[挿入]→[名前]→[定義]を選択します。
  2. 削除する名前を選択し[削除]ボタンをクリックします。

名前を作成する際の規則

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|名前の定義とその使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27