よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|文書の作成手順
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word(ワード)基本講座:文書の作成手順


スポンサードリンク

文書の作成手順

  1. Wordを起動する
  2. ページレイアウトを設定する
  3. 文書を入力する
    • まず、機械的に文字を一生懸命入力します。
      • 文字の大きさなどのデザインや配置は後でまとめて設定します。
      • このほうが、作業効率が良いです。
      • なぜ? 文字入力はキーボードで、デザインなどはマウスでの操作になるため、手の移動、動きを少なくします。
    • 日本語入力のオン・オフなどMS-IMEについて
    • 文字列のコピー/移動
    • 適宜、[上書き保存]で文書を保存しておくと、不慮の停電やトラブル時にも安心です。
      (なお、2002では自動修復機能があるので、ちょっとは安心ですが・・)
      せっかく入力したものが消えてしまった! ということを最小限に防げます。
      ちょっと手が止まったり、考えるときには上書き保存・・・パソコンは機嫌を損ねることがあります。
  4. 文字(フォント)の書式を設定する

    • 変えたい文字列を選択してから機能を加えるのが、パソコンでの作法になります。
            文字列の選択方法

      (1)どこを   (2)どうする の 手順で行う。

      (1)どこを

      (2)どうする

      (1)[文字を大きく]をマウスでドラッグして選択する。
                        (黒く反転させる)
      (2)ツールバーの[フォントサイズ]ボタンをクリックして大きさを変える。
       ツールバーの[フォントの色]ボタンで赤色にする。
      ・・・といった手順になります。

    • [元に戻す]ボタンを有効に使いましょう。
      ちょっと試してみて、思ったとおりでなかったら、元に戻せますので、いろいろな機能を試しましょう。
    • [印刷プレビュー]で確認しましょう。
  5. 文書の体裁を整える
    • 行単位での左揃え、中央揃え、右揃えなど文書の体裁を整えます
  6. 図や表などを配置する
  7. ワードアートの使い方
  8. テキストボックスの使い方
  9. オートシェイプの使い方
  10. 文書を印刷する
  11. Word を終了する
  12. 参考:Word2002の設定例です

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|文書の作成手順

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27