XLOOKUP関数で範囲や配列を検索する:Excel関数


スポンサードリンク


XLOOKUP関数の構文
XLOOKUP関数で1つの列の値を返す例 XLOOKUP関数で複数列の値を返す例
XLOOKUP関数を関数の挿入から使用する例 XLOOKUP関数の一致モードの違い
XLOOKUP関数でテーブルを使う例 テーブルから2つのデータを取り出したい
VLOOKUP関数も機能アップしていました
検索条件が2列(複数)ある場合 XLOOKUP関数で縦横に検索する

表や範囲から行ごとに情報を検索する   topへ
 エックス ルックアップ
=XLOOKUP(検索値,検索範囲,戻り範囲,[見つからない場合],[一致モード],[検索モード])

XLOOKUP関数の構文    topへ

XLOOKUP関数で1つの列の値を返す例    topへ

  1. C4セルに =XLOOKUP(B4:B5,H4:H6,I4:I6,"該当なし") と入力しています。
    検索値:品番(B4:B5)
    検索範囲:右側の商品一覧表の品番(H4:H6)
    戻り範囲:右側の商品一覧表の商品名(I4:I6)
    見つからない場合:"該当なし"
    と設定しています。


    D4セルには =XLOOKUP(B4:B5,H4:H6,J4:J6,"") と入力しました。

    数式をコピーして利用する場合は、D4セルに =XLOOKUP($B$4:$B$5,$H$4:$H$6,I4:I6,"該当なし") と入力します。
    検索値:B4:B5 と 検索範囲:H4:H6 を絶対参照にします。


    D4セルを選択して、[Ctrl]+[R] でコピーします。または、C4セルをオートフィルでD4セルへコピーします。
    D4セルの数式は =XLOOKUP($B$4:$B$5,$H$4:$H$6,J4:J6,"該当なし") となります。
    (戻り範囲:I4:I6 が J4:J6 となります。)
  2. VLOOKUP関数では指定できなかった例で、検索値(商品名)が検索する表で戻り値(品番)の右側にある例です。
    C4セルには =XLOOKUP(C4:C5,I4:I6,H4:H6) と入力されています。
    検索値:C4:C5
    検索範囲:I4:I6
    戻り範囲:H4:H6
    と設定しています。

XLOOKUP関数で複数列の値を返す例    topへ

#スピル! エラーについて

XLOOKUP関数を関数の挿入から使用する例    topへ

  1. 関数(数式)を入力するセルを選択して、[関数の挿入]ボタンをクリックします。
  2. 関数の挿入 ダイアログボックスが表示されます。
    関数の分類で「すべて表示」を選択します。
    関数名で「XLOOKUP」を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
  3. 関数の引数ダイアログボックスが表示されます。
    検索値に B4:B5
    検索範囲に H4:H6
    戻り範囲に I4:I6
    見つからない場合に "該当なし"
    と入力します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  4. C4セルに数式 =XLOOKUP(B4:B5,H4:H6,I4:I6,"該当なし") が入力されました。
    スピルの機能でC5セルにも数式が入力されました。

XLOOKUP関数の一致モードの違い    topへ

一致モードが 0 の時の例

一致モードが -1 の時の例

一致モードが 1 の時の例

表引きのキーが降順の場合

一致モードが 2 の時の例です

検索モード


検索モードが 1 の時(先頭から)の例です

検索モードが -1 の時(末尾から)の例です

XLOOKUP関数でテーブルを使う例   topへ

テーブルから2つのデータを取り出したい   topへ

検索条件が2列(複数)ある場合   topへ

XLOOKUP関数で縦横に検索する   topへ

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋 »  エクセル関数一覧表 »  XLOOKUP関数で範囲や配列を検索する

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27