UNIQUE関数で重複しない値を取り出す:Excel関数


スポンサードリンク


UNIQUE関数で1列の重複しないデータを抽出する UNIQUE関数で複数列の重複しないデータを抽出する
UNIQUE関数で[回数指定]を使った例 クロス集計表を作成する

重複しないデータを返すことができます。   topへ
 ユニーク
=UNIQUE(配列,[列の比較],[回数指定])

UNIQUE関数の構文

UNIQUE関数で1列の重複しないデータを抽出する

UNIQUE関数で複数列の重複しないデータを抽出する

UNIQUE関数で[回数指定]を使った例

UNIQUE関数を利用して、クロス集計表を作成する

  1. データの増減に対応するために、テータはテーブルに変換しています。
    重複しない「商品名」を取り出します。
    F3セルに =UNIQUE(テーブル1[商品名]) と入力しています。
  2. G2セルに =TRANSPOSE(UNIQUE(テーブル1[産地])) と入力しています。
    列方向へ重複しない産地を並べるために、TRANSPOSE関数を使っています。
  3. 合計値は =SUMIFS(テーブル1[数量],テーブル1[商品名],F3#,テーブル1[産地],G2#) で求めます。
    (F3# の#はスピル範囲演算子と呼ばれるものです:スピル範囲全体を参照することができます。)
  4. テーブルに新しいデータを追加すると、集計表にも自動で新しいデータが反映されます。
  5. SUMPURODUCT関数でも集計ができるのでは?・・・と思ったのですが、スピルには対応していないようです
    G3セルに =SUMPRODUCT(($D$3:$D$22)*($B$3:$B$22=$F3)*($C$3:$C$22=G$2)) と入力して、数式をG3:K7セルにコピーしました。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋 »  エクセル関数一覧表 »  UNIQUE関数の使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27